Microsoft Office Mobile

Microsoft Office Mobile 1.1.1

ダウンロードは現在できません。プログラムが中止されたか、セキュリティ上の問題か、もしくは他の理由が原因の可能性があります。

ついに登場! スマホでワードもエクセルもできるマイクロソフトの公式無料アプリ

Microsoft Office Mobileは、現在App Storeでのサービスを停止しているため、ダウンロードボタンを外しております。 完全な説明を見ます

賛成票

  • マイクロソフトオフィスのワード、エクセル、パワーポイントが閲覧、編集できる
  • One Driveに保存したり、One Driveのデータを開くこともできる
  • 文書作成などオフラインでも行える

反対票

  • 必要最低限の機能のみ
  • いくつかの挿入ファイルがあるような複雑な文書の編集はできない

とても良い
8

Microsoft Office Mobileは、現在App Storeでのサービスを停止しているため、ダウンロードボタンを外しております。

Microsoft Office Mobile(マイクロソフトオフィスモバイル)は、マイクロソフトオフィスの特に使用頻度が高いMicrosoft Word(ワード)、Microsoft Excel(エクセル)、Microsoft PowerPoint(パワーポイント)がiPhoneに最適化されたアプリです。これまでOffice365のユーザーのみ利用できたOfficeがこのたび個人使用のみ無料でそのほかのユーザーにも利用できるようになりました。出先でワードやエクセルなどをチェックしたり修正するためにPCを持ち歩いていた人も、Androidスマートフォンで簡単にできるのでオフィスユーザー必見のアプリです。

MicrosoftStoreはこちら

サインインにはMicrosoftアカウントが必要 Microsoft Office Mobileを利用するには、Microsoftアカウントでサインインする必要があるので、あらかじめ調べておくかPCなどでセットアップしたうえでモバイル用のオフィスをインストールするとスムーズに設定できます。アプリを開くと、ワード、エクセル、パワーポイントのサンプルドキュメントが見られるページがあるので、スマートフォンでどのように見えるか、使用感などをここで確認できます。

新規作成のフォーマットはミニマムに3つ 実際にメールで送られてきたファイルを開いてみましょう。メールに添付されたワードやエクセルなどのファイルを長押しするとどのアプリで開くか選択する画面が表示されるので、Office Mobileを選びます。表示されたファイルを編集したい時は、画面上部の紙とペンのアイコンをタップし、編集モードにして作業を行います。ワードに備わっているボールド、イタリックなど文字の書式変更や色、下線などをつけることもできます。ワードやエクセルを新たに文書作成できます。ただ、ワードは議題、アウトライン、リポートの3つの文書形式、エクセルに関しても、予算、イベントスケジュール、マイレージ記録の3つの形式のみで作成できます。また、ダウンロードしてあるファイルや新規で作成する文書は、オフラインでも作成できるので非常に便利です。

Microsoft Office MobileはOne Driveとも連動しているので、One Driveを利用している人はOne Driveに保存してあるデータにアクセスして編集したり、編集や作成したデータの保存先としても利用できます。

Microsoft Office Mobileはお手持ちのスマートフォンで非常に画期的で便利なアプリですが、モバイル用のアプリのため編集や作成時に使える機能は非常にシンプルで、たとえばワードの「文字カウント」や縦書きに文書作成するモードなどは付いていません。また、ワードの中にエクセルが埋め込まれているなど複雑な仕様の文書の場合は編集ができないので注意が必要です。

Microsoft Office Mobileは、ワード、エクセル、パワーポイントと「Office三種の神器」と言えるオフィスソフトがスマートフォンで使えるビジネスパーソンにも学生にもおすすめの無料アプリです。

— ビジネスと生産性 —